PARTNERSHIP

  • Facebook Clean
  • 石川新道店

1月30日(水)、石川新道店スタッフ三浦~椴法華沖でサクラマスが好釣果!船中4人で計52匹


1月30日(水)、石川新道店スタッフ三浦は今季3回目のサクラマス狙いで椴法華沖へ釣行。 午前6時半に釣り仲間3人とともに恵山の御崎漁港から出港。 同7時から椴法華漁港沖(水深70~90m)を攻めるが不発。 ポイントを移動し、同8時~昼12時半まで銚子岬沖(水深80~90m)で狙いました。 当日の釣況は、前回釣行時に比べて、サクラマスの魚群が薄く感じられ、アタリも少なかったです。 タナは底から10~15m上でのヒットが多く、型は小型~中型が主体で2キロ前後の良型は少々。 潮がほとんど動かないためサクラマスは低活性で喰いがイマイチ。 仕掛けは前回と同様のものを使用したが、反応の良い毛針やタコベイトが定まらず、少々ですが苦戦しました。 それでも何とか攻略し、全員が2ケタ釣果に恵まれました。 三浦の釣果は2キロを頭に13匹。釣り仲間3人の釣果は17匹、12匹、10匹。 船中4人でのサクラマスの釣果は計52匹。 素針にロックフィッシュ用のワームをセットしたワーム仕様のバケ尻針です。 10年以上前から自分自身の釣行で取り入れている「シークレットな攻略釣法」で、個人的に本当はあまり知られてほしくないのですが・・・。 毛針の材料やタコベイトの色にコダワリを持つバケ釣り師は多数いますが、釣況の良くないときには、常識にとらわれない柔軟な発想が必要です。 過去の釣行でワームに好反応だったことが何度かありました。 (針は16~17号で、ワームのサイズはあまり大きくないものが掛かりが良いです。) ワームを千切られたり針からズレるたびに組み直さないとダメなので手返しが若干遅くなるのが唯一の欠点ですが、数が望めない釣況の場合には特に有効です。 邪道ですがワーム仕様のバケ尻針を使用したウラ技的な釣法もあります。 ベタ底のタナでバケを動かすと本命のサクラマス以上に外道が反応し、高確率でヒットします。