• 石川新道店

6月19日(水)、石川新道店スタッフ三浦~上ノ国沖のブリ、渋い釣況下で9キロの大型をゲット!


6月19日(水)、石川新道店スタッフ三浦は、今季2回目のブリ狙いで上ノ国沖へ釣行。

午前5時半に釣り仲間3人とともに上ノ国の汐吹漁港から出港。

ポイントは前回釣行時と同じ羽根差沖~石崎沖(水深45~55m)。

自分は釣況の良い悪いに関係なく、シーズン中はなるべく同じ海域へ通い詰めます。

そうすることで釣況に関係なく釣果に恵まれたり、他の人が気づかないような些細な状況の変化を見逃しません。(特殊能力?)

当日の1流し目でロッドを手にした自分が感じ取った状況は以下の通りです。

  • ジャークしていてジグの引き抵抗が少ない(潮の流れが遅い。)

  • 風は無風に近い(ポイントでの船の流れ方が遅い。)

  • 魚探への反応が非常に少ない(ブリの魚群が少ない。)

  • ジグへのバイトがほとんど無し(低活性で喰いが良くない。)

というわけで、当日のブリ狙いは釣況が良くないです。

船長からは「数日前の時化で海水温が一時的に15度まで低下した。(当日の海水温は17度に回復)ブリの魚群は昇ってしまったのでは⁉」というダメ出しの一言が・・・。

渋い釣況でしたが、諦めずにジギングで狙い続けて何とかブリをゲット。

当日は本命のブリが不調で潮の状況が良くないにもかかわらず、なぜか外道のヒラメは高活性でジギングでの喰いが良かったです。

午後1時で終了し帰港。

ブリの釣果は三浦が9キロを頭に2匹で、釣り仲間3人は2匹、1匹、0匹。

船中4人での釣果は7~9キロが計5匹。前回釣行時と同様で型揃いです。

外道のヒラメは45~70㎝が1人あたり3~7匹でした。

好調だったジグは、T社のオーシャンドミネーターロング180g、P社のジガロ180g、R社のハオリジグ・スリム&ロング170gなど。

同海域は新しいブリの魚群の回遊待ちという状況なので釣況の回復に期待。


PARTNERSHIP

  • Facebook Clean