• 石川新道店

石川新道店スタッフ三浦~今年もブリ狙いのシーズンが到来!上ノ国沖で好釣果


今季は魚群が薄いため、開幕が大幅に遅れ、不調が続いている道南近海のブリ。

7月25日(水)、石川新道店スタッフ三浦は、今季初のブリ狙いで上ノ国沖へ釣行。

当日は快晴で、船上では炎天下の釣りだったが、好釣果に恵まれ青物狙いのジギングを満喫。

午前5時、室蘭からの乗合客3人とともに、上ノ国の汐吹漁港から出港。

同5時半、羽根差沖(水深50~55m)でジギングを開始。

当日の釣況は、前半の時間帯は潮の状況が良好で、同6時~同9時半は「時合」という感じでヒットが連発。

後半の時間帯は喰いが悪くヒットは散発的で、午後1時で終了し帰港。

型は6キロ台の丸々と肥えた良型が主体で、5キロ以下の小型は皆無。

好調だったジグは、T社のオーシャンドミネーターロング180g、A社のジガロ180g、L社のハオリジグスリム&ロング170g、G社のソルティガBSジグ150g、S社のシコジグラ150gなど。

三浦の釣果は、7キロを頭に9匹で船中最多。室蘭からの乗合客3人の釣果は、6匹、4匹、2匹。船中4人での釣果は計21匹。

約2週間前の松前小島沖への遠征釣行時、三浦は今季初モノのブリの釣果に恵まれたが、夜釣りでのソイ狙いの外道でのヒットで不本意なものだった。

ブリ狙いのジギング歴19年目の自分自身としては、今季もジギングで無事に初モノの釣果に恵まれ「ひと安心」。


PARTNERSHIP

  • Facebook Clean