• 石川新道店

石川新道店スタッフ三浦~上ノ国沖、戻りブリのシーズンが到来


10月後半から海水温の低下とともに、日本海の上ノ国海域では、丸々と肥え脂がのった「戻りブリ」の魚群が回遊しており、釣果も急上昇。

10月26日(木)、石川新道店スタッフ三浦は、森町在住の釣り仲間とともに、上ノ国沖へ釣行し、大物狙いのジギングを満喫。

午前5時半に上ノ国の汐吹漁港から出港し、午後1時半までの間、戻りブリを狙った。

ポイントは石崎沖~小砂子沖(水深50~60m)。

当日の釣況は、魚探への反応が多々あり、連続ヒットを期待したのだがほとんどなく、単発でのヒットが多かった。

潮の状況が良くなかったのが原因と思われ、ブリは低活性だった。ヒットしたタナは底から10m以内が多かった。

日によって型や釣況にムラはあるが、当日は5~9キロの良型が主体で、小型はほとんどなく、運が良ければ10キロ越えの大物も。

好調だったジグは、L社のハオリジグ・スリム&ロング200g、D社のスティック200g、K社のカウカウ170gなど。

台風の時化後で海水が少々濁っていたため、派手なカラーのジグに反応が良く、当日はグロー系が絶好調だった。

三浦の釣果は8キロ越えの良型を頭に9匹。釣り仲間の釣果は11キロの大型を頭に14匹。船中2人での釣果は計23匹。

5月からスタートしたブリのシーズンも残り1か月弱。この時季は悪天候による時化も多く、出船率も良くないが、大物の戻りブリが狙える最後のチャンス。

自分自身、一昨年は上ノ国沖と戸井沖で10キロ越えの大物を2匹釣ったが、昨年は10キロ越えの大物に恵まれず。

今年は10キロ越えの大物を仕留めてシーズンを締めくくりたい。


PARTNERSHIP

  • Facebook Clean