PARTNERSHIP

  • Facebook Clean

Copyright © つり具 天狗屋

1月23日(水)、石川新道店スタッフ三浦~恵山沖~椴法華沖でサクラマスが好釣果!船中4人で計54匹

January 25, 2019

 1月23日(水)、石川新道店スタッフ三浦は、今季2回目のサクラマス狙いで恵山沖~椴法華沖へ釣行。

午前6時半に釣り仲間3人とともに恵山の御崎漁港から出港。同7時から昼12時までの間、前半の時間帯(同7時~同9時半)は恵山灯台沖(水深50~60m)で、後半の時間帯(同9時半~昼12時)は椴法華漁港沖(水深70~90m)で、全員がバケ釣りで狙いました。仕掛けとバケは前回と同様のものを使用。

当日の釣況は前回釣行時に比べて、サクラマスの魚群は薄く低活性でスレ掛かりが多く、潮の状況もイマイチでしたが、全員が2ケタ釣果に恵まれました。

釣れていたタナは底から10~15m上でのヒットがほとんど。

型は1キロ以下の小型~1.8キロの中型が多く、2~2.5キロの良型が少々という状況。

自分の釣果は2キロを頭に15匹。釣り仲間3人の釣果は15匹、13匹、11匹。

札幌在住の釣り仲間は、船中最大サイズの2.5キロを頭に2キロ台が計6匹もあり、船中4人の中でも1人で良型を独占。船中4人でのサクラマスの釣果は計54匹。

他に外道で40~45㎝のホッケが1人あたり5~10匹。自分が使用し反応の良かったものは、赤のバックテイルを主体にポーラーベアーとピーコックとケイムラのオーロラスレッズを混ぜて巻いた自作の毛鉤と、タコベイトはヤマシタ社のSM70とSM91。

※今回の仕掛けの画像に出ている潮切板に注目‼

「(株)つり具天狗屋 石川新道店 三浦克己」と書かれている自分の名刺を、2枚の透明な板を使用し貼り合わせて製作しました。

竿をシャクリ上げバケが泳ぐことで仕掛けとともに海中のサクラマスに営業・・・(笑)。

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload