PARTNERSHIP

  • Facebook Clean

Copyright © つり具 天狗屋

上ノ国石崎沖、船中4人でブリが計33匹

July 21, 2017

 

7月19日(水)、石川新道店スタッフ三浦は、今季5回目のブリ狙いで釣り仲間3人とともに上ノ国沖へ釣行。

 

海水温が22~23度になった同海域では、シイラの魚群の回遊が見られるようになった。

 

当日はジギングでのブリ狙いをメインに、トップウォーター系ルアーのキャスティングでシイラも狙った。

 

午前5時、上ノ国の汐吹漁港から出港し、同5時半から石崎沖(水深50~60m)でジギングを開始。

当日の釣況は早朝の時間帯は2枚潮で潮の状況が悪く不調。

 

後半の時間帯(同9時~昼過ぎ)は潮の状況も回復し、ブリの連続ヒットが続いた。

一方のシイラ狙いは、何度かキャスティングをしたのだが、魚群の回遊が見られなかったため不発。

 

ここ最近の数週間、ブリ以外の魚種を狙った釣行が続いていた自分は、久しぶりにジギングでの青物特有の強い引きを満喫。

 

型は3~5キロ台がほとんどで良型は出なかったが、好釣果に恵まれ、午後1時で終了し帰港。

 

三浦の釣果は5キロ台を頭に10匹。釣り仲間3人の釣果は10匹、8匹、5匹。

船中4人での釣果は計33匹だった。

 

同海域では年によってムラはあるが、例年9月の中旬くらいまでシイラの魚群が見られるため、キャスティング用のタックルを持参しての釣行がオススメ。 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload