PARTNERSHIP

  • Facebook Clean

Copyright © つり具 天狗屋

スタッフ三浦~上ノ国石崎沖、ジギングでマダラ爆釣&ブリ不調

July 2, 2017

 

前回の釣行時(6月21日)、マダラが好釣果だったため、今回の釣行では、ジギングでマダラとブリの2魚種を狙った。

 

28日(水)、午前5時、三浦と釣り仲間4人の計5人で上ノ国の汐吹漁港から出港。

 

前半の時間帯(同5時半~同9時)は、石崎沖(水深120~140m)でマダラ狙い。

マダラ狙いに最適な潮の状況で、一流し目からマダラが連続ヒット。マダラの活性は高く、どんなジグでもヒットしたが、特に好調だったのは、D社のタメンタイ、S社のジャックナイフ、F社のカムイなど。(色は赤金やピンク)

 

前回の釣行時(6月21日)に比べて、マダラの型は良く、太った魚体が多かった。

1~2キロの小型は少なく、3~9キロの中型や良型が中心で、一人あたりのマダラの釣果は20~30匹と、今回も爆釣だった。

 

三浦の釣果は、9キロを頭に28匹。

 

後半の時間帯(同9時半~午後1時)は、石崎沖(水深50~60m)でブリ狙い。

三浦と釣り仲間2人は約2週間ぶり、残りの釣り仲間2人は今季初のブリ狙いだったが、当日は釣況が良くなかった。

 

潮が早すぎる、魚探への反応も少ない、ブリの活性は低い、というような釣況で、激渋だった。

一人あたりのブリの釣果は、3~4キロの小型が1~2匹ずつのみ。(ジギング歴18年の三浦もかなり苦戦したが、なんとか4キロを1匹ゲット)

 

同海域のマダラ狙いは現在のところ、タラ場にサメの回遊がないため、しばらくの期間は楽しめそうだ。

 

一方のブリ狙いは、新しい魚群の回遊待ちという感じで、最近は目立った情報は特にないので、釣況の回復に期待したい。 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload