PARTNERSHIP

  • Facebook Clean
  • 石川新道店

2月14日(水)石川新道店スタッフ三浦~恵山沖バケ釣り不調もマスシャクリで2.5キロを頭に好釣果


2月14日(水)、石川新道店スタッフの三浦は釣り仲間3人とともに恵山沖へ釣行。

午前5時半に御崎漁港から出港。今季3回目のサクラマス狙い。

午前6時過ぎから水無浜沖(水深45~50m)、午前8時からは御崎漁港沖(水深45m)でバケ釣りで狙ったが共に不調。午前10時近くの時点でバケ釣りでの釣果は、1人あたり0~3匹という状況で船上には諦めムードが・・・。

当日は潮の状況が最悪(2枚潮)でサクラマスの活性は低く、バケを振り続けても毛鉤やタコベイトを追わないため、喰いが悪い釣況だった。

バケ釣りで反応が良くないとき、ジギングやマスシャクリなど他の釣法が有効なときがある。

絶不調の釣況を打破するため、三浦は午前10時からバケ釣りを中断し、マスシャクリへ変更。

札幌在住の釣り仲間から頂いた250gイワシカラーのマスシャクリを使用すると、開始早々5分も経たずにヒット。タナは底から5~7m上。

その後も昼過ぎまでマスシャクリでの連続ヒットが続き、赤金カラーのマスシャクリに変更すると、船中最大サイズの2.5キロの大型もヒット。バケ釣りで大苦戦する仲間を尻目に、マスシャクリを使用した三浦は、2時間弱で13匹のサクラマスをゲット。

午後0時半で終了し帰港。自分の釣果は2.5キロを頭に15匹。(バケ釣りで2匹とマスシャクリで13匹)

釣り仲間3人の釣果は、5匹、5匹、3匹。船中4人での釣果は計28匹だった。